PageTop

ガラスバッチの配布

職場の同僚から 子供がガラスバッチを渡されてきた と!

そして子供から
 どうしてこんなの渡されなきゃならないの?
 ずっと持っていなきゃいけないのかなぁ?
とても不安そうだったって

渡すのもイイけれども 子供たちの心にダメージが残らないことを




巷では 10万円程度のガイガーカウンターやシンチレータとかで 
ベクレル換算して大丈夫だとか 検出していないとか 勘違いしている人多し

そんな勘違いな知識を撒き散らすのはどうなんでしょうかね
誰でもわかる 独立行政法人国民生活センターで商品テストしていますので
リンクを貼っておきます 比較的安価な放射線測定器の性能
一度お読みになることをオススメします 

報告書本文(PDF)の3ページ下部に
放射性セシウムの暫定規制値が500Bq/kg と定められている食品について、
公表されている実効線量係数(注5)を用いて計算すると、成人が当該食品を1kg
食べた場合の内部被ばく量は6.5μSv となる(注4)。
つまり、暫定規制値の単位であるBq/kg とサーベイメータで表示される単位(μSv/h)は
異なる単位であるため、数値の大小のみに左右されないよう留意する必要がある。
μSv/h からBq/kg への換算係数については、社団法人日本アイソトープ協会の資料がある

それによると、丸型V 式容器(タッパ:V5、外径135mm、内径128mm、高さ56mm)に食品
0.63kg を充填して日立アロカメディカル株式会社製TCS-171(B)で測定した場合、測定値
(μSv/h)を7.34×104 で除することでBq/kg が得られるとしている。仮に500Bq/kg
の汚染がある食品を測定したとすると、およそ0.007μSv/h に該当するため、
このようなレベルを一般に測定することは困難である。


ハンディータイプの測定器で食品汚染されていませんって言う人の頭の中を見てみたい
汚染されているっていうのはかまわないっすけど
その場合には  とっても汚染されいるってことですから
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ  blogram投票ボタン
スポンサーサイト
[ 2011/11/10 09:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

しゅうちゃんさん  こんばんは

ハンディータイプでも測ることは出来るのですが・・・・
バックグラウンドを測らないように鉛とかでシールドして・・・・
でも測定可限界がその測定器によって変わりますし、精度は?ですしね


> 子供さんって純粋なので、少しの変化にも敏感なのでしょうね。
危ないって言われても 子供には到底理解出来ないでしょ
まっさらな子供たちにですからね かわいそうです
[ 2011/11/12 23:09 ] [ 編集 ]

Holyknigthさん  こんばんは

このガラスバッチは賛否両論です
ただ 国外から支援されたガラスバッチはどうなったのかが知りたいです

ゆっくり実家の温泉にでも入ってきます
[ 2011/11/12 23:00 ] [ 編集 ]

ありがとうございます

震災直後は、はずかしながら放射線について全くわかりませんでした。
ggさんのブログで、少しづつ理解してきています。
子供さんって純粋なので、少しの変化にも敏感なのでしょうね。
[ 2011/11/10 21:34 ] [ 編集 ]

いつまで

こんばんは
同僚のお子さんのように子供たちはかわいそうですね。
いろいろ考えるとやってられんわ!とちゃぶ台をひっくり返したいくらいだけど、投げ出せないしな~。
守ってやらないといけない者たちもたくさんいるし。
たまには、温泉にでもつかって骨休めしてくださいね。
[ 2011/11/10 20:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xggg.blog92.fc2.com/tb.php/913-e55c8694