PageTop

流れには逆らえない  か

風の噂が本当になってしまった

数日前 地方紙に”早急に廃止”と記事になっていた

管理職から説明もあったが 玉虫色の内容である
末端の管理職に情報は漏らさないし教えないだろう

我々はもう耐用年数過ぎている事もわかっているし存続は無理なこともね
頭じゃわかっているが・・・大荒れです わたし



プラントとしては築30年 設計時にはおそらく20~25年程度がその頃の基準であろう
構造自体は未だ新規で造られている(特許の絡みがあるからだろう)
他のプラントメーカーが唖然としていた位、性能の低下が少ない構造となっている
その代わりに莫大なメンテナンス費用が発生する

だが時代と共に扱う種類が変化し対応も変わり維持が難しくなってきたのは確かです。
それは何処も同じであり、ここが特別なわけではない。

でもこの記事は出さないほうが良かったのではなかろうか
現状は数値上非現実的だからね

今年で14年目 さぁあと何年この仕事を続けられるのか 
私の予想はあと3年です 早急は何年なのか見続けなくてはね




blogram投票ボタン




スポンサーサイト
[ 2009/10/21 14:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xggg.blog92.fc2.com/tb.php/143-9922a9d2