PageTop

視点


東日本大震災:福島第1原発事故 避難先定住か福島か 双葉町民いつ一つに 役場、いわき移転きょう開始
毎日新聞 2013年06月14日 東京朝刊


 東京電力福島第1原発事故に伴う避難自治体で唯一、県境を越え埼玉県加須(かぞ)市に避難中の福島県双葉町役場が14日、主要業務を終え、福島県に帰る。17日からは同県いわき市で業務を再開。役場機能が県外にある異常事態が2年3カ月ぶりに解消される。ただ、高い放射線量に古里を奪われた町民6914人(5日現在)の帰郷には直結せず、避難先での定住も進む。町民をどうつなぎとめるか。重い課題を抱えた帰還となる。【神保圭作、大平明日香】

 原発事故に伴う政府の避難指示で町は2011年3月、福島県川俣町から、さいたま市の「さいたまスーパーアリーナ」へ、さらに加須市の旧埼玉県立騎西(きさい)高校へと、役場ごと全町避難を繰り返した。新しい役場はいわき市の旧福島地方法務局勿来(なこそ)出張所。14日朝から引っ越し作業にかかり、ほとんどの部署が移る。17日からは、いわき、福島県郡山、加須の3市で業務を行う。伊沢史朗町長は帰還の意義を「福島県内に戻ることで県や関係町村との協議がしやすくなり、迅速に対応できる」と話している。

 だが、原発事故で双葉町は全町民が町外に避難。5日現在、福島県内ではいわき市の1522人をはじめ計38市町村に計3778人、県外も埼玉県に1039人、茨城県に384人など計39都道府県に計3136人が分散している。


ここは何度かいわき市民をワザと怒らせようと仕組んだような記事を出している
似たように煽ったマスゴミもありますけどね

この記事をあまり関係のない人達が読んだらどう思うのだろうか
大変だなぁ~くらいにしか思わないヒトもいるでしょうね

ワタシ的には複雑ですね 双葉町もいわき市もどちらの声も聞こえるし
すり合わせの出来ない国と県にがっかりなことだけは確かだな
東電?話にならんでしょ


原発から半径80キロ圏に住んでいるヒトは これからも覚えておく必要があるだろう
ヨウ素は80キロを超えて降り注いだわけですから 他人事ではありませんよ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ  blogram投票ボタン
スポンサーサイト
[ 2013/06/14 12:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ひっそりと

◯◯Tinさん こんにちは

チェルノブイリでは4年後から健康被害が顕著になってます
fukushimaも間違いなく同じになるだろうと海外の一部メディアでは言われています
もちろん私は一般人よりも被ばく量は多いわけで・・・

NHKもあれだけチェルノブイリのドキュメンタリー番組を作っていたのに
しかし方向転換していますから報道って随分変わるんだなぁと

これだけ個人で情報を発信できる現状でどこまでオブラートに包めるのか
報道の自由よりも 報道の倫理ってのをよーく見たいと思っています
[ 2013/06/15 15:48 ] [ 編集 ]

こんにちは。先日の記事で、福島の18歳以下、17万4千人の検査で
甲状腺ガン12人、疑い15人、しかし放射能の影響では無い??
というのが有りましたが、テレビの全国ニュースでは見た覚えがありません。
地元のテレビニュースや新聞はどの程度の扱いだったのでしょうか。
読んだ記事には当時の居住地や避難先などは出てませんでしたが。
もう始まってますね・・・
[ 2013/06/14 21:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xggg.blog92.fc2.com/tb.php/1266-92132ce3